ヨモクボ

増えすぎた古布と戦う主婦の創作記




マッチ売りの少女 ヨモクボ版 :: 2012/10/15(Mon)
昔々、いつの頃かもうわからないくらい昔

今日もいつものようにマッチ売りの少女が「どなたか、マッチはいりませんか 一本つけたら幸せの明かりが灯るマッチはいりませか。」と枯れ葉舞う淋しい秋の夕暮れに、少しばかり残ったマッチを売り歩いていました。


街中の大きな通りで葛籠を背負ったヨモクボとすれ違いました。ヨモクボは、なんとまぁ、年端も行かぬ娘がマッチ売りをしている。それも、倉敷・那覇・銀座・札幌 今も商売しているのはエル グレコくらいではないかしら?「一体、誰がこんな事をさせているのだい。」と少女にたずねました。マッチ売りの少女は「小間物屋しじみ屋の二代目しじみ屋貝兵衛さんです。」ヨモクボは「ひょっとして、鼻の頭が桜色の猫かい?」少女は「はい!」と答えました。


貝兵衛がまだ名前もなく、しじみ屋の縁の下から奉公に出された頃、日向ぼっこするのに自分だけ座布団がないと、ミィミィ鳴いていたのを可哀想に思ったヨモクボが小さな座布団をこさえてやった仲だったのです。


ヨモクボは、少女にマッチなんて危険物を商いするのはよして、まち針売りになりなさい。しじみ屋には話をつけておくので心配はいらぬからと、背負っている葛籠の中から針刺しとまち針を渡しました。



そして、これさえあれば縫い物のひとつやふたつ、どこででもできるから縫い物で困っているお人がいたら手助けするんだよ、と小さな包みも一緒に持たせました。


その日から<マッチ売りの少女>は<まち針売りの少女>になりましたとさ。


めでたし、めでたし。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
ぽちっとお願いします
ありがとうございます。

スポンサーサイト
  1. 昔話
  2. | trackback:0
  3. | comment:4




七匹のこやぎ ヨモクボ版 :: 2012/06/15(Fri)
昔々、いつの頃かもうわからないくらい昔

ある日の事、山羊村の山羊のお母さんが買物にでかけて行きました お母さんは七匹の子山羊を生みましたが、正直に言うと、どの子が自分の子供かわかりませんでした。
hituzi.jpg


子山羊達は元気いっぱい野山をかけまわっていました。
「わーい わーい苺畑だぞ~ わーい!」

フクロウのおじいさんがやってきて「これこれ、もう日も暮れるぞ、早くお家へお帰り。」と忠告しましたが子山羊は「だぁって、お母さんお出かけしてるの。」
IMG_0345.jpg

その頃、鍵をかけるのを忘れたお母さん山羊は
20120 008

葛篭を背負ったヨモクボからサマーセーターのリメイク:胸元のドレープがステキブラウス:を買い大急ぎでお家にかえりましたとさ。(リメイク裏技:裾→襟元:上下逆にする)

20120 042

お昼ねしてます
おしまい

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
ぽちっとお願いします
ありがとうございます。

  1. 昔話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




青い鳥  ヨモクボ版 :: 2012/03/15(Thu)
昔々、いつの頃かもう、わからないくらい昔


ようこそ、ここへ クック クック 私の青い鳥
そよかぜ、吹いて クック クック 私の青い鳥
鳩袋_0235

青い鳥 小鳥 青い実をたべて青くなりました。青い実はとてもおいしく小鳥は毎日たべました。
赤い実もきいろの実もたくさんたべました。 そして小鳥は緑豊かな森をつくりました。
IMG_0074.jpg

今も深く大きな森のどこかに棲むという、立派な冠羽と美しい飾り羽をもつ幸せな鳥になりましたとさ。

縮緬のブラウス_0073


お昼ねしてます
めでたし めでたし

  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
ぽちっとお願いします

  1. 昔話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




アラジンと魔法のランプ  ヨモクボ版 :: 2012/02/15(Wed)
昔々、いつの頃かもう、わからないくらい昔

西の国のアラ王と、東の国のジン王は会うたびに自国のお宝自慢をしていました。
アラ王は、「ホレ、ホレ、これをご覧くだされ。犬 猿 雉の勇ましい姿ですゾ。おまけに宝物が満載でなんと、めでたい事か。」
IMG_0064.jpg
(男子 祝着 額装)

ジン王も、「ホーレ、ホレ、これをご覧ください。なんと利口な犬なるぞ、雪山で6人も救助するとは。」
IMG_0066.jpg
(男物 襦袢 キルト)

アラ王「いや、いや、犬ならばこの凛々しい姿をご覧くだされ。」
IMG_0072.jpg
(男物 襦袢 クッション)

ジン王「いーや、いや、この熊や、めずらしい鳥をご覧なされよ。」
IMG_0079.jpg
(メリンス 古布)

こうして、ふたりの王様は日の暮れるまでお宝自慢をしていましたが、日が沈むとお城の中はとても暗く、それが悩みのたねでした。
そんなある日の事、城門の外で「これは、これは世にもめずらしい魔法のランプ、魔法のランプのモトだよ~」と物売りの声が聞こえてきました。ふたりの王様は顔を見合わせて、「ランプはたくさんあるが、マホーのランプのモトというランプはまだ見た事がない。どーれ、ヨモクボとやらそれを見せてみよ。」ヨモクボは少しでも中身を減らしたい葛篭の中からランプのモトを王様に進呈しました。
0627 060
(二股ソケット)

ふたりの王様は世にもめずらしい魔法のランプのモトを手に入れましたが、魔法を解くには長い、長い時が必要でしたとさ。

お昼ねしてます
めでたし、めでたし。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
ぽちっとお願いします

ありがとうございます。

  1. 昔話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




羽衣  ヨモクボ版 :: 2012/01/15(Sun)
昔々、いつの頃かもう、わからないくらい昔

ある日のこと、ひとりの天女が賑やかな街の様子をながめていました。
そして、ひさしぶりに下界へおりてみようとフワリ、フワリと舞い降りてきました。



なにやら、若い娘達が大勢でピコ、ピコと踊っていました。
天女は、ずーっと以前にも同じように、若い娘達がペタ、ペタと唄い、踊っていたと思い出しました。「あれは、二人だったかしら、三人組かも、猫の鳴き声のような名前、異国の言葉で、朝 なんてのもクル、クルと唄い、踊っていたわ。」

IMG_0113.jpg

天女は、娘達の顔や姿がどれも同じに見えて、とてもつまらなくなり「もう、あきちゃったワ、そろそろ天界に帰りらなきゃ。」  羽衣をヒラリと身にまといました。
ところが、いつもなら浜風にのって天界に帰るのですが、今回は街中に降りていたのです。
こともあろうに、電柱に羽衣の端をひっかけてしまいました。天女は、長年の経験から「なんの、此れしき。」とこどもの三尺帯分を残し、無事天界へ帰りました。
それから、しばらくして、犬の散歩にきた人が「まぁ、電柱に三尺帯?」と拾いました。そして、物欲しそうに見ていたヨモクボにあげました。
IMG_0110.jpg
羽衣とは知らずにヨモクボは大胆にも三分割にカットし、スカートにしましたとさ。

IMG_0112.jpg

お昼ねしてます
おしまい。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
ぽちっとお願いします

ありがとうございます

  1. 昔話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



次のページ